柊定について

伝統ある染色「印染」で制作しております

京都には何種類もの染めものがあり、染色方法も様々です。柊定染工では、
印染という染色方法で暖簾や法被、門幕といった様々な染めもの製品を制作しております。
昔ながらの染色技法にこだわり、現代に伝えるよう明治時代から変わらぬ手法でやってまいりました。

染め物の種類「印染」

染めものの種類は沢山あり、中でも印染(しるしぞめ)という手法で染色しています。
「印染」とは、のれん、旗、幕、のぼり旗、半纏・法被、手ぬぐい等に、
家紋や商標、社章ロゴ・・・それぞれ独自の「しるし(マーク)」を入れた染めものを言います。

受け継がれた染色方法と技術

柊定染工では昔からの手法にこだわり、明治30年頃から変わらぬ方法で染色しています。
創業から117年経った今もなお、職人はその技術を継承し、伝統文化を守り続けております。
染めものというのは色々な染色方法がございます。その中で柊定では引染、硫化染という、
2種類の染色方法を製品により使い分けて制作しております。

ごあいさつ

柊定染工は、京都の壬生にある小さな染め屋です。壬生といえば、新選組で有名な壬生寺がある事で知られています。そんな、歴史ある場所で明治時代から印染を行い、現在まで続いてまいりました。今も昔も変わらない場所で、変わらない技術で、お客様に真心を込め、のれん、法被、幕、旗、幟、風呂敷、獅子舞衣装…等を制作してきました。時代が変わり新しい技術での仕事が増えたり、職人が減り人手が不足する等様々な問題がありますが、柊定染工では日本の伝統文化である印染を残していきたい伝えていきたい。そんな想いでこれからも印染と向き合っていきたいと考えています。

四代目染師 山本章弘